AVIATION

Tech Log Book - Powered by VeriTise

航空技術ログブック

航空技術記録簿は、航空機の「耐空性」の状態を記録・文書化するためのものです。各フライトの記録に加えて、不具合やメンテナンスを行った場合のリストが記載されています。航空の黎明期から、この記録は主に紙ベースで行われてきました。プライベート航空を含む多くの航空会社では、いまだに紙ベースの技術記録を使用しています。しかし、紙ベースの技術記録の問題点を解決するために、様々な電子アプリケーションが開発されてきました。

  問題点

紙の技術記録の問題点
- 管理リソースが高い
- パイロットの手書きの文字は読みづらく、後々のミスにつながる可能性があります。
- プロンプトがないため、ペーパーワークが不完全になることがある
- ペーパーワークの処理が遅く、非効率的

従来のデータベースベースの技術ログの問題点
- 報告されていながら放置されていた航空機の不具合を消去できる可能性があります。
- 飛行機やフライトのデータが破損し、過去の記録が失われることがある
- トレーサビリティーが限定されているため、過去のログを見つけるには、データベースの整合性に完全に依存します。
- 信頼性の高いシステム

  解決方法

SDアビエーションとのコラボレーションで、ブロックチェーンで保護された不変の技術ログブックのVeritise'dバージョンを構築し、航空業界の主要人物にデモンストレーションを行うことになりました。先進的なVeritise技術は、紙と従来のデータベースの両方の航空技術ログブックの問題を解決することを目的としています

航空分野における今後のVeritiseプロジェクト
フライトログブック - 詳細は近日公開

今すぐ登録しよう

 

ベリタス・パブリック・トークン・セールが開催されました。 

Veritiseの最新情報をお届けします。

あなたは正常にサブスクライブしました。