ベリタス・ブロックチェーン・テクノロジー

SymbolをベースにしたVeritiseのブロックチェーンアーキテクチャは、高速で監査可能な支払いとトランザクション処理のために設計されています。 

将来的には、完全に準拠したトークン化された証券やその他の金融商品などのユースケースが可能になり、スピードの向上、潜在的な不正行為の減少、コストの削減につながります。 

さらに、Veritiseは公共部門を変革し、透明性の向上とデータの検証を通じて市民と政府の間の信頼を回復します。 

機密性の高い個人情報を保護し、政府のコストと複雑さを軽減することで、予算をより効率的に使うことができます。 

 

アドバンテージ 

1) 企業や政府機関の要求に焦点を当てる

Veritiseは、ビジネスが価値を創造し、交換し、保護するためのキャンバスを提供します。パブリックチェーンとプライベートチェーンの両方をサポートするVeritiseのネイティブサポートを利用して、ビジネスの競争力、安全性、俊敏性を高めることができます。さらに、すでに実戦テスト済みです。

SUPER HOW(Veritiseのブロックチェーン開発者)は、いくつかのプライベートおよびパブリック・ブロックチェーン・インフラストラクチャにシンボルを使用しています。

  • リトアニア銀行のデジタル・コレクターズ・コイン「LBCOIN」、「LARED 
  • 金融・規制サービスのためのコンソーシアム・ブロックチェーン・インフラストラクチャ;Gold Coin Reserve
  • 金融サービスと電子マネーのインターアクション、FIX.NETWORK
  • IoTデバイスの認証とセキュリティ

2) セキュリティの強化 

Veritiseには、心配を解消する安全機能が組み込まれています。コントラクトプラグインフレームワークにより、人為的ミスやネットワーク攻撃に対するVeritiseの耐性を高めています。Veritiseは、入力データから32バイトの値を生成する主要なハッシュアルゴリズムのコンパイル時の置換をサポートしています。簡潔にするために、このドキュメントの残りの部分では、このハッシュをデフォルト設定(SHA3)で参照しています。 

3) 相互運用性の向上 

Veritiseは、あらゆるビジネスニーズに合わせた相互運用が可能です。VeritiseのAPIは、既存の企業システムやプロセスだけでなく、他のネットワークやブロックチェーンとのシームレスな統合を保証します。 

4) より速く、より効率的に

Veritiseのスピードと効率性は他に類を見ません(パブリックネットワークでは400+TPS、プライベートネットワークでは3000+TPSでテストされています)。階層型アーキテクチャとプラグインソリューションにより、柔軟性が向上し、処理時間と開発時間が短縮され、コストが削減されます。また、インフラには設定可能なブロックタイム(1秒から10分まで)が用意されており、ブロックタイムを短くすることで取引確認時間を短縮することができますが、急成長するデータストレージには不利になります。 

5) 環境に優しく、先進的なコンセンサスメカニズム 

Veritiseでは、Proof of Importance(PoI)の主要な概念を取り入れた修正版PoSを使用しています。この新たな重み付けは、ユーザーを買いだめする人よりも優先的に賞を与えるというPoIの本来の目的を達成しようとするものですが、オリジナルのPoIアルゴリズムに内在するスケーリングの問題は抱えていません。

 6) モジュラー構造 プラグインコンポーネントに対応 

Veritiseは、4層構造のアーキテクチャで構築されており、現在のブロックチェーンよりも耐障害性と高速性に優れています。これにより、1つの層が遅くなっても他の層が遅くなることはなく、それぞれの層は独立して更新することができます。 

これらの理由から、Veritise社はブロックチェーンのアーキテクチャとしてSymbolを選択しました。

今すぐ登録しよう

 

ベリタス・パブリック・トークン・セールが開催されました。 

Veritiseの最新情報をお届けします。

あなたは正常にサブスクライブしました。